*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年9月29日の記事の続きです。記事はこちら
間が空いてしまいましたが記録として


目が腫れていたココは目薬と飲み薬を処方されて、ちゃんと飲ましていましたが一向に良くなる気配がなく、薬をもらった時に予約を入れていたので予定通りに2週間後に病院へ

ココ フェレット


検査をすると腫瘍という事が分かり、手術をする話へと進んでいきました。
先生の話では、もうすでに腫れている所の目は見えていないだろうとの事でした。

しかし、目の下に腫瘍ができるというは珍しく、先生もまだ一度も見た事が無いとの事でした。

手術は腫瘍が目のすぐしたという事で、目も一緒に摘出しないと難しいと言われ眼球も一緒に摘出となりました。
また、フェレットは小さいので義眼も無く、術後は片目のフェレットとなってしまうとの事、しかし、手術のあとが治れば毛が生えてくるので傷は見えないとの事でした。今現在も片目しか見えていませんが問題なく過ごしているので、術後も大丈夫だろうとの見解でした。

副腎疾患の手術をして次の月にはまた手術、体も小さいので心配でしたが、これ以上腫瘍が大きくなると命にも関わってくるので、先生を信頼してお願いをしました。

今回の腫瘍は悪性だと転移している場合もあるので、病理検査にも出されました。

手術の日程を決め、次の週には手術を行い、次の日にはお迎えに行きました。

フェレット ココ 目の手術の後1

フェレット ココ 目の手術の後2

私が迎えに行った時も目の周りはうっ血して黒っぽい紫色で、見ていて痛々しいほど。
しかし、受付の看護婦さんには『昨日よりはずっと良い』といわれました。
『昨日は目の下に穴が開いていたのよ』って言われて、腫瘍がだいぶ大きくなっていた事が想像できました。

病理検査の結果は良性との事で転移の心配は無いとの事で本当に安心しました。

家に帰ってからは、小さいキャリーバックでの生活を1週間ほどして、いつものケージへと戻しました。
食欲も普通、元気もあり、大きな手術をしたようには感じさせないほど、手術前と変わらずに元気でした。
しばらくは目の周りは痛々しく見えましたが、日を追うごとに良くなっていくのが見て分かり、本当に安心をしました。

そして、また問題が、
今度はニコです。
ココが良くなって、もう安心と思った矢先に、ココの時にみられた尻尾の付け根の毛が薄くなっている事に気づきました。

続きはまた、この次・・・


【】
い…痛々しい!(><)
最初の写真は凄く腫れてますね
でも良性の腫瘍で良かったです
片目でも元気なら良かったです

ニコちゃんどうしたのかな~?
【むらさきさん】
ご無沙汰してます。
ブログでアルル嬢共に元気そうな感じでしたが、あいかわらず忙しそうですね。

ニコですが、色々とあって木曜日に虹の橋へと旅立っていきました。 詳細は後ほど落ち着いてから書きたいと思います。ご心配ありがとうございました。

ココは片目でも元気いっぱい今日もウェンディーやサムを追いかけて、我が物顔でいましたよ!
この記事へコメントする















ここでお買い物をするとその金額の一部が盲導犬育成へ役立てられます。可愛いグッズもいっぱいあるので、一度はチェックしてみてね!!!

ペット用品ランキング一位は???

葵

Author:葵
ワン家族増えました。新しい子達もよろしく♪

真ん中
名前 :サム
性別 :男の子
散歩大好き、泳ぐの大好きだけど、お風呂は大嫌い

右側
名前 :デイジー
性別 :女の子
おっとりとしてのんびりやさん、最近子育てをやっとで卒業しました。

左側
名前:ウェンディー
性別:女の子
サムとデイジーの娘、好奇心旺盛で今は破壊魔
2009年6月17日生まれ



Click for Indian Head, Maryland Forecast
 
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。